ナイキ エア ジョーダン3

jordan3

DATE:1988年
DESIGNER:ティンカー ハットフィールド
ナイキの名作”エアマックス”や”エアトレーナー”を世に登場させた天才デザイナー、ティンカー・ハットフィールドが、エアジョーダンに携わった最初のモデル。1987当時、マイケル・ジョーダンはナイキとの契約更新をするかどうかの話が進んでいたため(マイケル・ジョーダンはエアジョーダン3が満足のいく作りでなければ契約更新をしない考えでいた。)、デザイナーのティンカー・ハットフィールドは多忙なマイケル・ジョーダンと共にミーティングを行い、彼の要望を聞き出し、エアジョーダン3に落とし込んだ。”エレファント柄”や”ミッドカット”がまさにそれに当たる。また、機能面でもビジブルエアを搭載しクッショニングを高めた。一目で”ジョーダン”とわかるジャンプマンロゴを初めて採用したシリーズでもある。